Backseat driver ってどんなドライバー?

Backseat driver の意味を想像出来ますか?「後部座席の運転手」 とは、どんなドライバーなんでしょうか。このイディオムがいったいどのような意味で使われているか学習しましょう。

Backseat driver 意味

運転手に「あれこれ指図する人」、「求めてもいないのに忠告をする人」「おせっかいを焼く人」

自動車が初めて開発された1920年代は、自動車の所有者は裕福な人たちでした。彼らは車の後部座席に乗り、専属の運転手にどこへ行くのか、どこで曲がるのかなどを指示していました。その名残で、運転手に、あれやこれやと言ってくる人のことを Back seat driver と言います。そこから派生して現在は、でしゃばりな人や横柄な態度を取る人に対しても使われるイディオムです。

 

Backseat driver の例文

If you don’t like my driving you can get out. I won’t have a backseat driver in my car.
私の運転が嫌なら、車を降りてもいいよ。自分の車に、あーだこーだ言う人間は乗せたくないの。

One thing I am not is a backseat driver. I hate it when people tell me how to drive, so I never do it when I’m a passenger.
僕は運転手に指図をしたりしない。運転の仕方をあれこれ言ってくる奴は大嫌いなんだ。だから自分も人の車に乗ってるときは絶対そんなことしない。

 

Back seat driver の会話

母を待ち合わせの場所に車で送る息子

A: There’s a red light up ahead.
B: Yes, Mum. I see it.
A: Well, slow down then.
B: I am slowing down.
A: Now, you need to indicate, because we need to turn left next the next street.
B: I know where we are going. Stop being a backseat driver.

A: その先赤信号だよ。
B: わかってるよ。
A: だったら、スピード落としなさいよ。
B: 落としてるよ。
A: ほら、方向指示ださなきゃ、次の道を左にまがらなきゃいけないでしょ。
B: わかってるよ。横でとやかく言うの止めてくれる?

 

Are you a backseat driver? It might be better to bite your tongue next time someone drives you. Did you know that one in seven accidents are caused by a distraction from a rear passenger.

Click here to subscribe

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *